まだ、

「わたし夏は食欲ないの~」

とか言ってます?

 

小顔と美白のダイヤモンドマーリィオーナーの本道です

 

先日のブログのコワイ話の続きです。

 

 

余談ですが、

私はサイキック(霊能者)なので、

人が怖がるものはあまり怖くないです。

 

怨霊とか、生霊とか、浮遊霊とか人は怖がりますよね?

*あれ?浮遊霊ってフワフワ遊んでる霊?*

漢字で書くと楽しそうですね。。。

でも、楽しくないみたいですよ~

 

そういう人たちと交渉して浄化浄霊してもらうのも私の天命の一つなので、

見た目が怖かろうが、

足をすくわれて頭を打って怪我をしようが、

心臓の裏側の肋骨を捻挫させられようが、

あまり関係ありません。

仕事ですから。。。

 

 

しかしそういう

無敵な私にも怖い事があるのです。

 

それは、

・脳から復讐されて太り、不健康になること!!!

・病気になって痛いとか、

・病院に通うとか、

・山に登れないとか、

・海で泳げないとか、

そうです!

遊べなくなることです!!!

美味しいものが食べられなくなるのも

絶対にイヤ!

 

 

前置きが長くなりましたが、

夏に食べないことがどんなに恐ろしいことか?

という事の続きです。

 

 

食べると言いましても、

なんでも食べて健康になり、

夏の代謝低下を防げるわけではありません。

 

詳しいメカニズムはセミナーを見てもらうとして。。。

 

夏は本来気温が高いですから、

身体が頑張らなくても体温を保てますので代謝は下がります。

 

 

それに、

動かなくても汗とか出ますよね?

それで、水分取ってないと熱射病とかになりやすくなります。

身体が怠けるのが夏なんですよ。

 

 

本来夏って元気にスイカ食べてごはんも食べて、

朝早くから夕方遅くまで楽しく

ワーワー言って遊んで疲れてぐっすり寝る、

という昔の夏みたいに過ごしていたら

食欲の秋になっても、

冬になって気温が下がっても

更に代謝がアップして年末年始に多少食べ過ぎたりしても

増えないように調整できるんです。

 

 

そういう、すばらしい恒常性(ホメオスタシス)というものを

私たちは生まれながらにもってきているのに!

 

 

夏バテなどの言い訳をして食べないから、

さらにセルライトのお洋服を自分の脳に着せられて、

本物のお洋服の買い直しをするハメになるんです。

 

 

だから、

夏も食欲ないとか言わないで

ちゃんと身体に向き合ってお食事してくださいね。

きちんと栄養と取っていれば、脳が暴走することはないのです。

 

 

でも、

今となっては

何をどう食べれば

自然に代謝が上がって

スリムになれるのかわからない。。。

という人が多いです。

 

 

次回ブログでは、

そういう人のための

痩せるお食事のひな形コーチング

のお知らせを書きますね。